ホロシュ、ホウレンソウの祖先


ホロシュ、ホウレンソウの祖先

この記事の内容:

赤い葉で、ほうれん草に近い、まだ成長しやすいこの美しい植物を市場で見つけることはできません。だからキッチンガーデンにインストール!

F.Marre - EsdemGarden - Pagailleのフィールド

日陰で成長する
新鮮な土壌
干ばつ恐怖
播種:3月〜6月; 8月〜9月
収穫:6月〜11月
arrocheは中央アジアとシベリアの原産です。本当の中世の野菜は、それは十字軍によって報告された、ほうれん草まで13世紀まで培ってきた、台所に取って代わるません。成功するのは簡単ですが、若葉のためにサラダで消費したり、発達した時には調理したりしています。ピッチが2メートルを測定することは珍しくありません、その葉はプレートの寸法に達する!

ニーズ

豊かな土地は、あまり日照ではなくても、その開発をさらに好むが、アロッシュは必要なものではない。

苗木

3月から、地面に直接、浅い畝の中で、あらゆる方向に40cmの種子を播種します。アロシュの唯一の欠点は すぐに種まきになる6月まで毎月播種し、8月中旬から再開します。

メンテナンス

水の代わりに地面が土の冷静さを保つために、(6月頃)温めたとき、それは豊富に栽培中に、表面的にも、腐葉土を広げます。下に集中することができるスラグを見ることを覚えておいてください。

収穫

播種して1ヶ月後、投手の収穫は、ほうれん草の場合と同じように、葉から葉になるまで葉を摘み取ることで始まります。

多様

紫色の茂みは最も壮大で最も一般的ですが、その金髪の緑のいとこは、おいしいものと同様に、すべての野菜園に再度登場する必要があります。

鮮度保証

新鮮な種を持ち上げる良い願いの必須条件:自分の発芽期間が極端に短くして、彼らは絶対に植える前に、今年収穫されている必要があります。

ビデオ関連記事: .


お勧めの記事
  • 栽培シート:春のカブ
  • 庭に必須の芳香族プラント
  • 「Fleurette」F1トマト(Lycopersicum esculentum):成長のヒント
  • 大黄を分ける方法
  • フレームの下で播種を成功させる方法
  • Potimarron 'Divine' F1(キュウリマキシマ):作物シート
  • 品種に応じてメロンを育てる方法
ほとんどのカテゴリから訪問
コメントを追加します