桃の播種


桃の播種

この記事の内容:

桃はかなり成長しますが、最初からそれを世話しなければなりません。特にそれが与える桃は、おそらく穴から来るものとは異なることを知る必要があります。

桃の播種

いつシードするの?

核は春に発芽しやすくなります。したがって、次の春まで湿っぽく寒い場所に保管しなければなりません。

播種の難しさ

簡単。

播種に必要な材料

層別化のため (播種前の核の保全):
  • コンテナ
  • 砂(理想的には川砂)

播種のため:
  • ポット
  • ポッティング土
  • 排水ベッド(小さな小石またはクレーボール)
  • 焙煎(マウスやマウスから保護するため)

2つの植物の間の距離

4メートル

2行の間の距離

4メートル

種まきをするには?

最後の霜の後(または播種を屋内で行う場合は早めに)、苗を7-8cmの深さに植える。
基質は肥沃で排水性でなければならない。したがって、堆肥を入れた土壌が理想的です。

播種後

播種して数週間後、桃の木をその最終的な場所に移植し、根の根元を傷つけないように注意しながら桃の木を移植します。

ビデオ関連記事: .


お勧めの記事
  • アクチニジアのリーフレット、キーウィフルーツの木
  • 粘土の土で栽培された2人のカシスは、果物を与えません...どうしたらいいですか?
  • リンゴの木の灌漑が成功した理由:必要性と頻度
  • 有機肥料を梨に持ってくる
  • 成功した梅の水分:必要と頻度
  • リンゴの木に有機肥料を持参
  • 果樹園と果樹園で果物を収穫して選びなさい
ほとんどのカテゴリから訪問
コメントを追加します