再生可能エネルギー:風力発電と太陽光発電のブーム

再生可能エネルギー、特に風力発電と太陽光発電は、フランスやヨーロッパでますます人気があります。個人や企業がになっている、と2009年は、これらのクリーンエネルギーのために特に有利な年でした。

再生可能エネルギー:風力発電と太陽光発電のブーム

この記事の内容:

持続可能な開発省が発表し、四半期ごとのスコアカード

Drômeの風力タービン

国や地域レベルでのこれらの二つの再生可能エネルギーの進化を監視する - 「太陽光発電の風」は今年ので、持続可能な開発省は四半期ごとにダッシュボードを発行しています。最新の9月に発表された、と2009年6月30日の状況での更新は、それは再生可能エネルギーの強い成長を明らかにしました。

読むも:再生可能エネルギー:私たちは2018年に実際にありますか?

2009年にフランスで成長への鋭い風

H1 2009年に36%増加した電気の形でフランスで製造風力エネルギーは、フランス北部を含め、地域を横切って設置2,350風力タービンを有するH1 2008と比較しますフランス(ピカルディーとシャンパーニュ=アルデンヌ)、南東と北西地区。 1月から2009年6月に風によって生成されるエネルギーの量(3.3テラWhの又は3300000000000 Whの)は、発電所における石炭100万トンから産生されるものと同等です。 2008年には、風のおかげで、CO2のように165万トンが大気中に放出されていませんでした。

彼らの共通を含むフランスのplébiscitent風力タービン、

ADEME(フランスの環境・エネルギー・マネジメント)によって2006年秋に行われた調査によると、フランス人の93%は、彼らがクリーンエネルギーを出現する、風力タービンの賛成であり、経済、環境、そして再生可能。 LH2研究所によって2007年に別の調査では、フランスの賛成の90%で、これらの結果を確認しました。ひとつはなく、自宅で、それは...世界的にその風力タービンを考えるかもしれません!それはそうではありません。まだADEMEの調査に従って、風力発電所の近くに住む人の85%は、タービンの正の存在を考えます。フランス人の72%も、調査CREDOC 2009年6月によると、彼らの共通の風力タービンのインストールをサポートします。

フランスはかなり良く、ヨーロッパや世界的なレベルで配置します

ヨーロッパと世界レベル、フランスは、風力発電の観点から第四EU加盟国である(ドイツ、スペイン、イタリアの背後には、イギリスに続いて)、およびランク世界では7日(米国、ドイツ、スペイン、中国であること、風との最初のエネルギー生産国)。

引数に対して:野生生物、騒音公害の影響

風力タービンは、非常に特に風があれば、それらの足跡、生態系の破壊、またはコウモリや鳥の破壊の一定の保護種への影響を責める生態学者によって批判されていますマイグレーションの軸上に配置されています。一部の住民はまた騒々しい言ったが、これは最初の発電設備の本当でした。数年間、技術の進歩が大幅にノイズを低減しています。

太陽光発電のための指数関数的な成長

屋根にソーラーパネルを設置する

太陽光発電電力の面では、成長がさらに印象的です:それは指数関数的です。リフトオフは265パーセント増加し、太陽エネルギーによる発電量を2002年に発生したと2009年の前半。 2009年6月30日で、135 MWを表す25,000植物や23000の追加の設備があったグリッドへの接続を待っています。太陽光発電の初期の間に、ほとんどの施設は、グリッドに接続されていない孤立サイトのためだったので、自分自身は、彼らの電力需要を満たす必要があります。 2005年以来、傾向が逆転し、接続されているサイトのシェアが大多数となっています。

ユーザーのための金融ゲイン:電気代を節約

私たちは太陽電池パネルを装備する必要がなくなるので、選択肢は少なくなります。よりクリーンで経済的です。それでも、私たちが生産する電力を直接使用しないことを知っていなければなりませんインストールはグリッドに接続されています。電力サプライヤーに売却されます。電力サプライヤーは、再購入された電力販売業者に売却されます(再販よりも低価格で、経済的に魅力的です)。必要があります。また、太陽光を電気に変換する太陽光ソーラーパネル、および光を熱に変換するソーラーパネルが、主に温水需要に使用されることに留意すべきである。

フランスにおける太陽光発電設備の配電

フランス南部と西部はDOMだけでなく、太陽エネルギーに最も関与している地域です。もちろん、太陽光パネルは曇りや雨天の天候下であっても、晴れた天気で電力を生産する必要はありませんが、一年で一番の日差しの恩恵を受けているのはもちろんですが、それらはより少ない程度ではあるが生産的である)。
フランスはこれらの奨励的な数字にもかかわらず、依然として100倍以上の太陽光発電を行っているドイツをはじめとする他のヨーロッパ諸国に比べて著しく遅れています。太陽はエネルギーの大きな源です。理論上、344kmの正方形に集められた太陽光発電パネルは、地球全体の電力需要、そして地球上での太陽放射の1時間を満たすのに十分でしょう。私たちはすべてのエネルギーを取り込むことができ、年間の電力消費量をカバーすることができました!

保証された電気税および電気供給関係

Grenelle 2が予見する立法規定は、フランスにおける再生可能エネルギーの開発をさらに促進しなければならず、設置手順の簡素化(これはやや複雑である)の恩恵を受ける可能性がある。一方、2010年には50%の税額控除が維持され、2012年まで電気料金の引き渡しが保証されます。これはまだ躊躇している人々を説得するのに十分です!

もっと詳しく...

  • 持続可能な発展省のウェブサイトへのリンク
  • ADEMEウェブサイトへのリンク
  • 協会のウェブサイトへのリンクFrance Energie Eolienne
  • Poitou-Charentesの環境観測所サイトへのリンク(風力タービンの環境への影響)

ビデオ関連記事: .


お勧めの記事
  • どのように膠質病を維持するには?
  • 「ボール」に関するヒント
  • サンゴとバターナッツレンズキャセロール
  • 蜂蜜の植物は、ブラウザを庭に引き付ける
  • 2015年に、欧州は公害防止プロジェクトを放棄する
  • アボカドとエッセンシャルオイルのハンドバラン
  • 月の影響を考慮して豆を植えるのに最適な時期は何ですか?
ほとんどのカテゴリから訪問
コメントを追加します