Ficus Benjaminaのインタビュー

非常に多様な環境に適応するため、多くの家屋やアパートを飾る、インド起源のこの潅木は、しばしば羊毛と呼ばれます。さまざまな色合いと形のものは、いくつかの基本的な予防措置を講じて、健康で維持するのが非常に堅牢で簡単です。

Ficus Benjaminaのインタビュー

この記事の内容:

一般的なメンテナンス

フィカスベンジャミナ

暴露

このficusは、 明るい光直射日光なくして良好な成長をする。非常に明るい部屋に置きます。彼らは十分な光を持っていない場合、多彩な品種は変色する。

彼は温かい部屋が適度に好きです。冬には15℃の温度で十分です。 22℃を超えると有害である。

スプレー

水は適度に、 1週間に1回 例えば、土壌が2つの散水の間で乾燥するまで待ってください。可能であれば、非石灰質の水を使用してください。

他の緑の植物のように、ベンジャミナはあなたの葉を霧のように感じます。

肥料

春に15日ごとに液体肥料を使うか、年に3回練ります。

いくつかの症状とその治療法

落ち葉

葉の一部が毎年落ちるのが普通なら、緑の葉の崩壊は、しばしば温度の急激な変化(空気の流れ、鍋の変位...)、または暗闇のサポートが不十分であることを示します。 増加しないでください 水遣り!

白い膿疱:メイラブルグ

一般的に、葉を粘着性にする甘い蜜蜂を伴って、これは家屋の頻繁な寄生虫である。これらの汚染爆弾は使わないでください。私たちに従う コチニールを排除するためのヒント.

小さな茶色の殻

これらの小さな昆虫は、茎の葉や葉の下面に付着して、 コチニールシールドと呼ばれています。攻撃がそれほど重要でない場合は、アルコールに浸した綿で手動で取り除く。覆われた枝を取り除き、特定の治療法で治療する。

黄色の葉

彼らは通常、赤い蜘蛛の攻撃を報告しています。特殊な店で販売されている殺ダニ剤で治療します。

また、 過剰な散水:それらを更に離して置いて、水が皿の底に座らないように注意してください。

見る:黄色い葉のいくつかの一般的な原因

長年にわたって

それがうまく扱われれば、この木は美しい割合(2〜4m)を取ることができます。繰り返しはむしろ面倒ではなく、大規模な科目については簡単に練習します 浮上 (すぐに消耗している地球の上層の置き換え)。

最後に、できれば、彼に小さなものを提供するのをためらってはいけません 庭に出る4月から10月にかけて、この作業はその葉に非常に有益です。

発見するには:

  • Ficus elastica
  • すべてに耐性のあるハウスプラント...またはほとんど
  • フィカス・盆栽、フィコス・ジンセン
  • フクサ・プミラ、クライミング・ラバー

ビデオ関連記事: How to grow Ficus Benjamina from single leaf.


お勧めの記事
  • 蘭の工業または職人の生産、違いは?

    蘭は一般的な植物です。しかし、職人文化と産業文化の違いは何ですか?さらに

    閲覧数: 8835 +ビデオ
  • ナメクジ、庭師の友達!

    ナメクジは、多くの場合、場所にすでにその通路上の苗木や作物を食べ、庭師の敵として見られています。この観点は調整する必要があります。さらに

    閲覧数: 9039 +ビデオ
  • 庭の香り

    昼も夜の時間によって明らかに微妙なまたは甘い香水、フレグランスは、庭の一部私たちの感覚を目覚めさせる、シンプルな幸せの記憶を呼び起こしています。さらに

    閲覧数: 4613 +ビデオ
  • Stauntonia

    香り豊かな登山者、スタントニアを栽培、栽培、維持するためのヒント。さらに

    閲覧数: 213 +ビデオ
  • Calamagrostis

    庭にカラマグロスを植えて維持するためのヒント。さらに

    閲覧数: 107 +ビデオ
  • 根菜

    埋葬された部分を食べるこれらの野菜の文化的方法を(再)発見する:それは簡単で、あなたの野菜畑の収穫から1年間の料理の恩恵を受けるでしょう!さらに

    閲覧数: 3304 +ビデオ
  • ナメクジとカタツムリとの戦い

    あなたの移植された植物は剃られ、あなたの苗は荒廃しています。ナメクジとカタツムリがそこにいました...しかし、どうやって戦うのですか?さらに

    閲覧数: 4583 +ビデオ
  • 冬の骨盤酸素化
  • 花市と村のコンテスト
  • レモンタイム
  • Nivéole
  • メロン品種のガイド
  • ミニシクラメン裸の根:どのような装飾!
  • 冬の到着でより良い
ほとんどのカテゴリから訪問
コメントを追加します
ほとんどのコメントの記事