サボテンをもう一度開花させるには?


サボテンをもう一度開花させるには?

この記事の内容:

サボテンは、アマチュアと一般の方々に高く評価されている、グラフィック付き植物です。その茎の美しさに加えて、サボテンはすべて驚くべき花を生みますが、それでもそれらを咲かせ、また咲かせる方法を知る必要があります!

サボテンの花の解明

サボテンは通常、休息期間の後、暖かい季節に咲きます。それは、専門家の間で開花植物を見つけることが可能です、それは色を知ることができ、その味に応じて選択することができます。

庭に注意あなたが時々悪徳プロデューサーは接着剤で自分の所に虚偽を修正するために迅速なので、良い本物の花かどうかを確認し、開花サボテンを見つけます。サボテンがいつか本当に咲くのに十分な長さで生き残れば、この場合、同じ花と同じ色を得る機会はほとんどありません!

サボテンをもう一度開花させるには

あなたが本当の花でサボテンを購入した場合、あなたは一日だけ最後に、もう一人はもう少し長くなることがわかります。いくつかのサボテンは豊富に咲き、他はより控えめです。種はすべて種に依存します。パロディアス、opuntias、echinocereusまたはechinopsisは、開花の安全な値です。

色は、サボテンがかむと花を生産していない植物である、なぜなら多くの人々のために、常に魅力的で、多くの場合、初心者を驚かロッドに比べ花を、堂々です!

再び開花させるには、実際にはとても簡単です。自然界で起こることを再現してください!

サボテンは、ライブの水の一滴ずに長期間を受けて、世界の乾燥地帯では、熱が激しいですが、夜は生き残る...ので、はい、サボテン(サボテンを防ぐことはできません。これは非常に寒いことができますいくつかの熱帯種を除いて)相対的な寒さ、時には霜がありますが乾燥します。

それが有名な秘密です!サボテンは9月から4月にかけて水をまったく使わず乾いた期間が必要です。基板が完全に乾燥している限り、気温を5℃まで下げることができます。いくつかの種は、これらの条件下で短く弱い霜にも耐えます。これはなぜアパートに保温されたサボテンが暖かく定期的に水分を摂らせるのは難しい時期に咲き乱れ、休息期間がないのです!

明るさは、あなたのサボテンが再び咲くための非常に重要なパラメータです。ベランダ、ウィンターガーデン、日当たりの良い窓の前など、常に明るい部屋に置いてください。最初の良い日から、水を再開して、サボテンを温度がより高いところに置くことができます。一ヶ月後、灌漑用水にサボテンのためのいくつかの肥料を追加し、徐々にとすぐに霜が恐れていたことをしなくなったとして、完全な太陽の下であなたの植物を引き出します。花が確かに出てくる!

ビデオ関連記事: .


お勧めの記事
  • ブドウはあなたの庭を生きる

    地中海、日本、フランス、多くのスタイル、個性を反映した雰囲気、誰もが味わう重要な要素は明らかにva©ga©のtal。さらに

    閲覧数: 8896 +ビデオ
  • トリミングツール

    冬の終わりに庭から木や潅木を刈るにはどんなツールが必要ですか?剪定鋏、ローパー、アーバー鋸のどれを選ぶか...さらに

    閲覧数: 3443 +ビデオ
  • 鳥、ワタ、アリ...果樹園の作物を保護する

    鳥、ワタ、ホーネッツ、ウサギ、アリ、シカなど、天と地から捕食者を守るために果樹園に設置する保護具...さらに

    閲覧数: 7427 +ビデオ
  • ケレリア・グラウカ

    青い葉の小さな草であるkoeleria glaucaの栽培と維持に関するヒント。さらに

    閲覧数: 7186 +ビデオ
  • ローズツリー「ピエール・ド・ロンサール」

    Meillandによって創られた有名なバラの薔薇ピエール・デ・ロンサールのプレゼンテーションと文化。さらに

    閲覧数: 7450 +ビデオ
  • 鳥を飛ぶためのCD

    春の鳥たちを怖がらせるために、古いcdを枝でぶら下げてください。さらに

    閲覧数: 5364 +ビデオ
  • 岸本織物を作る

    小さなポンプで満たされた竹の幹からなるウォーターゲーム。水が一定レベルに達するとすぐに、茎が下がり、空になって石に落ちます。通常のスペース。アジアの庭園で使用されています。さらに

    閲覧数: 8944 +ビデオ
  • リジッドプールカバー
  • 庭のパーマカルチャー
  • キャベツ蝶に対するキャタピラ
  • ガーデナーの手紙R辞書
  • カランコエを再び開花させる
  • ガーデニングと腰痛、働く方法
  • JardinExpress:2013年春カタログ
ほとんどのカテゴリから訪問
コメントを追加します
ほとんどのコメントの記事