大根の栽培方法は?


大根の栽培方法は?

この記事の内容:

大根はその場で義務的に播種されます(移植できません)。彼らは土壌を耕して細かく砕かれた土の中で飛んで播種されます。それは(7月15日と8月15日の間に)大きな熱による場合を除いて、初期の10月まで月下旬から15日ごとに少量にまくのがベストです。あまりにもタイトに播種しないでください。さもなければ糸状大根があります。植栽の深さは非常に重要です:完全に(彼らは表面上で成長するので、ラウンド大根は、それらが半分(白い部分)の半分地上埋め成長しているため、半長い大根は2センチメートル深く播種され、表面に播種されているバラピンク色の部分)、冬の大根(黒く15〜30cmの長さ)を4〜5cmの深さで有する。 (熊手や木製のボードではなく、足で)植えた後の土壌を突き固めます。行使には、ちょうどすべてのセンチメートル(黒大根15センチ)ことを残すためにタイトな大根を削除します。水がなくなることがないようにしてください。さもなければ、中空でひどいものになります。

ビデオ関連記事: .


お勧めの記事
  • ボックス大根の種子やアンジェのリビングルームでキンレンカ工場を受賞
  • 有機肥料で地球を豊かにする方法は?
  • どのように粘土土でニンジンの文化を達成するには?
  • ローズマリーの成功した灌漑:必要性と頻度
  • キッチンガーデンですばやく収穫された野菜
  • サツマイモ「Evangeline」(Ipomoea batatas):成長のヒント
  • トマト 'クッキー'(Lycopersicum esculentum)
ほとんどのカテゴリから訪問
コメントを追加します