Coursonの植物の祭典 - 2013年秋


Coursonの植物の祭典 - 2013年秋

この記事の内容:

Coursonの季節限定会議は、今秋、2013年10月18日、19日、20日に開催されます。

風の植物は、2013年秋のCourson - J-P Delagardeで栄誉を受けます

プログラム

今年のCoursonで開発されたテーマは、風の中の植物です。風によって強調された植物は何ですか?色、匂い、妖艶な音、植物はすべての庭師の喜びのためにEoleを楽しむ。
  • 家庭でのバラのバプテスマ Guillotのデルバード.
  • 賞:Prix de Courson、Prix Bonpland、Laurent Perrier栄誉賞、新しいメリット
  • カンファレンス:
- 10月18日金曜日午後2時:AndréGayraud、 "Cornusのモノグラフ"彼が50年間本当の情熱を捧げた5大陸の植物園芸の歴史を振り返ります。 500枚の写真を含む620種類のコーンズが見つかります!
- 10月18日金曜日午後4時:Charles Quest-Ritson、「イギリスのローズガーデンズ」:最も有名な英国の庭園を通して、Charles Quest-Ritsonはバラの世界への侵入を紹介しています。
- 10月19日(土)午前11時:Jean-Michel Groult、「エキゾチズムはいつも風にあるのですか?:将来のエキゾチックな庭は何ですか?著者は、エキゾチックとその意味がより複雑に見えるという概念に戻る。
- 10月19日(土)午後2時:バーバラ・ポール・ロビンソン、「ローズマリー・ヴェリー:伝説の庭師の生活と教訓」:Rosemary Verey講演、続いて彼の本の署名。
- 土曜日10月19日午後4時:NoëlKingsbury、 "Plantations / New perspectives":Piet Ouldofと一緒に、NoëlKingsburyは、最小の資源しか必要としない自然の庭を成功させるために、この仕事をアドバイスします。
- 10月20日(日)午後2時:アランとマリー=ジャンヌ・ゲネヴェ、「メトロポリタン・フランスの果実と野生の果実」:野生の果実のすべてを学び、自然の中でそれらを認識し、それらを栽培し、それらをキッチンに収容する会議。
- 10月20日(日)午後4時:Jacques Garcia、 "Battlefield Castle":会議は、ジャック・ガルシアがバトルフィールドの城とその庭園を修復し、豊かにした20年間の情熱をたどるアラン・ステラの本の出版を発表する予定です。

実用的な情報

10月18日金曜日の正午から土曜日19時まで、10月20日(日)の午前10時から18時まで、秋の植物Coursonが開催されます。
Coursonへの行き方:
Domaine de Courson Park
91680 Courson-Monteloup - エソンヌ、イルドフランス
Tel:01 64 58 90 12
ファックス:01 64 58 97 00
電子メール:[email protected]
ウェブサイト:domaine-de-courson.fr
地図を見る
料金:
- 大人:€17
- グループ、学生、園芸協会のメンバー:12€
- 12歳未満のお子様は保護者と同伴してください:無料
10:00からのオンサイトケータリング

ビデオ関連記事: The Secret To Prayer - 2 Chronicles 20:1-30 - Jon Courson.


お勧めの記事
  • 庭のジェスチャー:箒をまく方法
  • 潅木、登山、造園、ブッシュ:右ローズブッシュを選ぶ
  • ピットスポラムのサイズを作る方法は?
  • 鉢植えの日本の楓を育てる方法は?
  • バラを切り、豊富な開花のヒント
  • バナナの木を切るのにどれくらいの高さですか?
  • 地面または鉢にフクシアを植える
ほとんどのカテゴリから訪問
コメントを追加します