エコロジカルウィンドウクリーナー


エコロジカルウィンドウクリーナー

この記事の内容:

製品を使わずに窓を掃除するには、新聞用紙を使用し、ボールを作り、お湯で濡らします。このボールで窓を回転させる。ガラスが完全にこすられたら、乾いた新聞で同じことをします。

ホーステイルを排除する

この植物は非常に丈夫、それは根茎が深いメートルよりも、時には多くである引っ張って消えない、長い植物を開花前、中生代に登場しています!一方、石灰は土壌のPHを改質するのに有効な量である。

イチジクの成熟を加速する

イチジクの成熟を早くするために、私は果実の目の上にオリーブオイルを一滴入れました。「それは尾の部分です」。これは非常に効果的なソリューションです。

切削のための木炭

私の切り枝の根が水にかたくなるのを防ぐために、私はポットの底に炭を入れましたが(古いポットのトマトソースまたはジャム...)、買わないように注意してください。バーベキュー火事で十分です...

シンクからパイプを取り外すには

コーヒーの敷地をシンクに注ぎ、水を流してください。あなたのパイプはもう詰まらないでしょう。それはまた、バスルームサイフォンの髪のために働く。 marcの各カーネルは小さな大理石として機能します。

岸本織物を作る

ウォーターゲームは、小さなポンプで満たされたサポートに竹の棒で構成されています。水は一定のレベルに達すると、石の定期的なスペースに茎の傾き、空、落下タップアジアの庭園で使用されています。

キャベツをaltisseから守る

私は接着剤(ラットのための接着剤)でコーティングされた棒で各キャベツを植えます。それぞれの水に昆虫が飛び散り、安くて効果的な簡単な醸造所にこだわる。

シャロットの栽培に成功

数メートルの長さにわたって2月か3月中に植えるエシャロットは、それが腐敗防止丘の上にジャガイモと植えるエシャロットのようなつまずきを作ります。水はブタによって排出され、シャロットは腐敗しない。

イラクサの肥料のレシピ

イチョウ肥料の使用:この混合物の問題に遭遇しないために、非常に濃縮されたジュースによる火傷、私はこのレシピを使用します:マセレーション:10リットル水(好ましくは雨)を最小限にして21日間浸す - メーソンシーブでこの煎じ薬をろ過し、植物の足元の散水缶で、葉の上の噴霧器で使用するために女性のストッキングで使用する。どちらの場合でも、私は25%のミツバチジュースと75%の水の混合物を使用します。 30年以上の経験。肥料のレシピは既に引用されていますが、比率はユーザーの裁量であまりにも多いことがあります...

ビデオ関連記事: .


お勧めの記事
  • アルプス植物

    もともと山岳地帯からと優勢で厳しい気候に適応し、高山植物は、いくつかの予防措置を取ったが、庭に導入することができます。さらに

    閲覧数: 4242 +ビデオ
  • ナポリのシクラメン

    ナポリ、シクラメンhederifoliumやシクラメンツタの葉のシクラメンは、夏の終わりに美しい花の絨毯を形成多年生と素朴な植物です。さらに

    閲覧数: 2836 +ビデオ
  • Pozzolana:庭や鉢での使用

    庭園や鉢植えのポゾランの使用:排水、マルチング、地面のカバー...さらに

    閲覧数: 7396 +ビデオ
  • 肥料として植物性水を使用する

    私は私の庭師に蒸し野菜の水(この水がもちろん寒いとき)に水を吹きます。すべてのビタミンとミネラル塩は植物に有益です。さらに

    閲覧数: 8581 +ビデオ
  • 濾過細かさ

    この分野の初心者が気付かないことがある技術情報では、ろ過の細かさは、まだ知っておくべき重要なパラメータです。さらに

    閲覧数: 8771 +ビデオ
  • オリーブの木の寄生虫

    オリーブの木は多くの寄生虫、主に昆虫によって攻撃される可能性があり、それに対して自然療法が存在する。ここではフランスで最も一般的な、あるいは最も恐れられていることがいくつかあります。さらに

    閲覧数: 7305 +ビデオ
  • 柑橘類のサイズ

    柑橘類の果物、オレンジ植物は卓越し、園芸家にますます人気があります。気候が恵まれている地域で開墾地で栽培されていようと、冬に暖かく寝かされていても、刈り取られる必要があります。さらに

    閲覧数: 5109 +ビデオ
  • 花が咲くバルコニー
  • セロリの根:播種、栽培、収穫
  • ゴドリニア・グランディロラ
  • 月と園芸:満月の効果、神話や現実?
  • 植物の分裂
  • トマトとトマト
  • 私の庭からのジン - 亜鉛
ほとんどのカテゴリから訪問
コメントを追加します
ほとんどのコメントの記事