サラダの生水


サラダの生水

この記事の内容:

サラダは(若い)小さいとき、私はカットプラスチックボトルを上に置くとサラダの周りの地球ダウン...保証...温室、より速く成長します...

鉢植えのためのボトルのリサイクル

Varの南向きのバルコニーに私の花植物(水の供給なし)は夏に10日間の私の不在中に喉の渇きで死なないために、私は水で満たされたいくつかのミネラルウォーターのボトルを置きます(キャップ​​なし!)だけでなく、その後の汚れキャップの形を...逆さまに地面のプランターに植え、それが乾燥時に水を可能にします。それは非常に便利で、私は植物を救う。

若い芽を守るためのボトル

カタツムリとナメクジに対して、若い芽を保護するためのちょっとしたトリックは、プラスチックボトルを半分にカットし、小さな穴を掘って苗条に落とすだけです。

シャンパンのボトル

あなたの庭を去ると、水がいっぱいの豊富な水を飲む植物のボトル、地面の首、各植物の足の後にすることができます。シャンパン瓶の首は、ボトルの直径に比べて比較的狭く、水はゆっくりと逃げるでしょう。土壌は乾燥すると微量吸引を行い、必要に応じて植物に栄養を与えます。

サラダや大根のトンネル

約13ステッチは彼らが終了し、その上にベールや防水シートを配置し、別の部分をカバーするために終わる入れ大根サラダ用のトンネルを作るために、または早期の季節にちょうど正方形のメッシュを取得するとカット同じ大きさのトースト、保証された効果、それは一人で保持されます。

若い植物をサラダから守るための糸

私の祖父からのヒント、鳥から新しく移植されたサラダ植物を保護する。ラインの上に白い文字列を付けてください。ネットよりも速く、効果的です。

私のトマトの作物

私はいくつかの肥料エビと水を入れて十分に深く穴を作ってください。最初の葉に足と埋もれを埋める。夏の間のみ足に水を注いで、葉は水ではない。良い収穫!

メロンを金網で育てる

病気を避けるために、あなたのメロンを縦に動かし、1.20の高さの単純なフェンスにかける。この高さで、メインステムを切断し、従来の方法で運転するサイドロッドを固定します。

腰痛のない豆を播種する

あなたのサイズに応じて1ミリメートルにカット、20ミリメートルの剛性のチューブ(電気タイプ)を取って、プラスチック製のボウルを持って、パイプの直径の穴をドリル、3を超えることによって穴にチューブを導入し、チューブの他端のアセンブリは(ホットグルーガン)、定期的な植栽を容易にするために、弓の4センチメートル熱を分割して正方形の部分は、管の直径を維持するように注意しながら平らに折りますあなたのシーダーは終わった!

ビデオ関連記事: .


お勧めの記事
  • 調味料

    あなたの料理とグリルに付いておいしい、調味料は常に庭の重要な場所を占めています。さらに

    閲覧数: 4967 +ビデオ
  • Graptopetalum

    グラプトペタルムの植え付け、栽培、維持のためのヒント、美しい色を提供する多肉の葉を持つ多肉植物。さらに

    閲覧数: 153 +ビデオ
  • ナメクジを守る

    ナメクジがあなたの野菜を食べないようにするには、すべての花を葉の四角の周りに落としてください、彼らは通過しません!さらに

    閲覧数: 5476 +ビデオ
  • 箱入りの実生

    小さな種子を早期に播種するには、箱やテリーヌに播くのが良いです。どのように進め、どの植物のために?さらに

    閲覧数: 3335 +ビデオ
  • 染料

    ティントティッシュに何千年もの間使用されている染料工場は、化粧品、食品、もちろん繊維の分野と同様に、石油化学産業の美しい代替品を構成しています。さらに

    閲覧数: 4982 +ビデオ
  • 野菜園のジャガイモは何ですか?

    多くの場合、庭師が庭に植え付けるジャガイモの品種を決定することは困難な場合があります。様々な可能性を見てみましょう。さらに

    閲覧数: 4206 +ビデオ
  • 大きな花のクレマチスの大きさ

    200以上の種と栽培品種の印象的な数を備えた大規模な属は、クレマチス植物は庭で非常に人気があります。壮大な花を持つクレマチスは、より豊かに咲くために精確なジェスチャーを必要とするでしょう。いつ、どのように見てみましょう...さらに

    閲覧数: 5111 +ビデオ
  • ノマディック・ポーフ、夏のトレンド!
  • 簡単な花のhouseplants 10
  • 素朴な年次を蒔く
  • 花の象徴
  • 彼の庭の巣箱
  • トロワのダイアーズガーデン(10)
  • ニンジン保全
ほとんどのカテゴリから訪問
コメントを追加します
ほとんどのコメントの記事