2013ガーデンで会いましょう


2013ガーデンで会いましょう

この記事の内容:

例外的に一般に公開されている公立の庭園とプライベートガーデンを発見または再発見するユニークな機会、「Rendez-vous aux jardins」第11版のテーマは、庭園とその創作者です。

庭園版2013でお会いしましょう。

庭を歩こう!週末には、公園や公立庭園、民間庭園がRendez-vous aux jardinsの第11版のためにオープンします。
アンドレ・ル・ノートルの誕生400周年を機に、今年は王の園芸家の義理の下に置かれています。
"庭とそのクリエイター"というテーマは、庭師、芸術家、詩人、画家、哲学者、風景と呼ばれる庭を作るすべての人々に敬意を表します。
2013年6月1日と2日には庭園に行きます。
ガイド付きツアー、展示会、コンサート、イベント:プログラムを頼む!
Rendez-vous aux jardinsの公式サイト
地域別、イベントカレンダー

実用的な情報

6月2日(土)と6日(日)にフランス全土で行われたイベント。
事前登録による5月31日のレセプション
例外的に開かれたフランスの公園や庭園の豊かさを知るための招待状は、文化コミュニケーション省、文化財総局が委員会と協力して組織していますフランスの公園や庭園、歴史家、古いフランスの住宅、モニュメント・オブ・モニュメントなどがあります。

ビデオ関連記事: YouTube Rewind: What Does 2013 Say?.


お勧めの記事
  • レタス
  • 秋に豆の足を裂かなければなりませんか?
  • 私のウェルネスレシピ:タマネギ(Allium cepa)
  • 10Th Night of the Owl、2013å¹´3月23日
  • ファバ苗の後に何をすべきか?
  • なぜ堆肥を乾燥させた大黄の葉は乾燥していますか?
  • Patacons
ほとんどのカテゴリから訪問
コメントを追加します