アネモネ(Anemone hupehensis)および雑種


アネモネ(Anemone hupehensis)および雑種

この記事の内容:

最初の霜にフルーリ夏の終わりには、日本のアネモネ、多年生家族キンポウゲ科は、大きな強みであり、あなたが彼の青年の間に世話をする場合は、数年のためにそれを証明します。

日本のアネモネ - F. Marre - EsdemGarden

作付け :好ましくは春に、そうでなければ秋に作った植え付けに注意してください。塊茎を5〜8cmの間に埋める。
花盛り 8月から10月。
展覧会: 部分的な日陰または日差しの中で、風から守られています。
グラウンド: リッチで、新鮮で、常に濡れている。
使用 :固体、国境または花束。
高さ: 80〜100cm(広がり:50〜60cm)。

多様

- 「バージン・ヴァージン」、白い花、幅広、高さ(120〜140 cm)
- 「Honorine Jobert」 - 白い花、最高(120 cm)、最もよく知られています。
- 早い開花、ピンクの花、 'Praecox'。
- 「ロブスティシマ」、柔らかいピンクの花、グッドカバー。
- 'Rubra Plena'、ダブルピンクの花。
- 'Serenade'、2〜3列の花びらの古いバラ花。
- '9月チャーム' - ピンクの花。
参照:
冬の終わりに小さな青い星空の花、ピンクまたは白の多くを与えるアネモネブランダ、秋に低いアネモネバルブ植栽。

文化

部門は3月または11月にタフト分割で行われます。伝播は、フレームの下で自発的な播種または低温播種(遅いおよび不規則な持ち上げ)によって行うことができる。彼らが枯れているときに花を切ります。冬の初めに塊を閉じます。べと病やうどんこ病に注意してください。

使用

そのきれいなカットの葉を持つ日本のアネモネ、歯付き、境界線として定住しても非常に美しい花束を作成するために暗緑色固体。

ビデオ関連記事: Anemone Hupehensis (Pink Saucer) Blooming In Garden #anemone #hupehensis #pinksaucer #gardening.


お勧めの記事
  • パニックの文化とメンテナンスシート
  • ペラルゴニウム(ペラルゴニウム)
  • エリゲロン栽培および維持管理シート(エリゲロン)
  • 庭のジェスチャー:心配の播種に成功
  • どのようにいつpassifloraを播種するのですか?
  • Astilbeの文化とメンテナンスシート
  • 私のバルコニーにプライバシーを持たせるためにインストールするプラントはどれですか?
ほとんどのカテゴリから訪問
コメントを追加します