日本のツツジを移植する


日本のツツジを移植する

この記事の内容:

日本のツツジは早春に非常にカラフルなブッシュを形成します。グラフトは、より激しく、強く、病気に敏感な被験者を少なくするでしょう。それはまた、常に非常に審美的な形の "ロッド"を作成するために使用されます。

日本のツツジを移植する

日本のツツジを移植する時期は?

使用される技術に応じて、被験者は4月、6月または8月に移植される。

日本のツツジを移植する方法は?

切り離された枝のグラフト:
6月または8月にハーフスリットグラフト
側面グラフト:
4月上旬または7月下旬/ 8月上旬のベニアグラフト終了。
切り離された眼の移植片:
5月に成長する目からのグラフトチップの出芽。

グラフトの選択

  • アザレア・シネンシスのフラン、脱落しやすい日本の品種、霜に非常に強い。
  • アザレアモリスのフラン。
  • Franc de Azalea Ponticaは、茎を有する被験者のより速い成長および創出を可能にするため、園芸の根茎として広く使用されている。
  • 菱形のポンティカは非常に素朴で、涼しい地域やフランス北部に理想的です。

必要な資料

  • セクタテープは鋭く
  • ナイフを移植
  • ラフィアまたはウールのリンク
  • パテパテ

日本からのツツジ移植

  • ステイクグラフトは、半スリットで被験者を移植した。
  • 水は頻繁に回復を促進する。
  • 新しく移植された足を風や雨に覆われた避難所に置きます。
  • 完全に太陽にさらさないでください。
  • グラフトの下のグラフトに現れる芽を取り除くと、彼らはその恩恵のために水分をそらすでしょう。
  • 合字を徐々に切断します。
  • 一旦漁獲量が有効になると、根茎を止めてください。

ビデオ関連記事: .


お勧めの記事
  • 水分を与えるフォトニア:材料、必要性、頻度
  • 他の地域での地中海性低木の栽培
  • ピットスポラムのサイズを作る方法は?
  • 続ける犬ぞり切削:ヒント
  • 病気、寄生虫および寒さに対するフォトニアの保護
  • 庭の良いジェスチャー:はちみつ
  • アメランチェア(Amelanchier lamarckii):栽培、維持管理
ほとんどのカテゴリから訪問
コメントを追加します