あなたの植物を転用する5つの良いジェスチャー


あなたの植物を転用する5つの良いジェスチャー

この記事の内容:

植物に新しい若さを与えることができます。 3月の間に、表面化または再刷りは、彼らにこの有益な息をもたらすでしょう。

レポーティング:機器

ポットで栽培された植物は、土壌に含まれる栄養分を次第に引き出します。これらの資源が不足すると、植物はほとんど生育せず、新しい葉や花が小さくなります。他の徴候は、repotする時間であることを警告する:根は全体のルートボールを植民地化し、排水孔から外へ。空中部の容積はポットの容積よりも大きい。ハウスプラントやポーチにこれらの現象が見られる場合は、ステップインしてください!豊かなミックスを楽しむ育つ若い植物のために、毎年操作して、ポットのサイズを徐々に増やします。その後、2〜3年ごとに鉢植えに行ってください。最後に、植物やかさばる容器では扱いにくく、浮上するだけです。介入するのに最適な時期は3月ですが、開花期は決してありません。植生は日々の伸長に伴って再び始まり、植物はその良い発育を保証するために栄養成分を必要とします。新しい混合物をもたらし、最終的には肥料をもたらすことで、長い冬が弱体化しなければならない植物が迅速に回復します。

ポッティング材料を準備する

repotする植物、新しい鍋、排水用砂利、および植物のニーズに応じて、この混合物を達成するために必要なすべての要素(:: - または代替堆肥、泥炭あなたが必要なすべての隣に配置し - 、ヘザー・アースまたは野菜、コンポスト、砂)、給水缶、移植器。新聞でテーブルを守ることを忘れないでください。

適切な混合物で鍋を満たす

ポッティング準備

ポットの底面は常に穿孔しなければなりません。穴をシャードで覆い、余分な水の排出を容易にするために、砂利を3〜5cm置きます。植物ポッティングするのに適した混合物を準備し、マウンドの上部が僅かポットの縁部の下方に位置するように、部分的にポットを埋めます。

工場をデポする

ケンティアを降ろす

ポットの底を軽くたたいてコートします。片手で茎の基部を保持し、静かに他のものと鍋を引き出します。マウンドが抵抗する場合は、もう一度タップします。根が排水孔から出てくる場合は、カッターで鍋を切る必要があります。

repot

レント・ケンティア

ルートボールから手を離すために、特にバンズを形成する場合は、手でルーツを解く。植物をポットの中央に置き、根を広げ、混合物を加えて空隙を埋める。トランスプラッターや指を使って根のボールとポットの間を下ろしてください。空気のポケットがあってはいけません。混合物の2または3cmを覆うことによって仕上げる。

パックと水

ケンティアに水をかける

あなたの手で上を軽く叩き、表面全体に水を注ぎます。水が植物に水を供給し、最終的に土壌を浄化しています。水が浸透したらレベルが下がったら少し混合物を加えなさい。回復のための給水時間を制限し、受精の1ヶ月待つ。

いつ、どのように計画するのですか?

鉢植えのサーフィン

サーフェスは、ルートボールを掘り起こしずに、新しい混合物で、表面に位置疲れ土壌の一部を更新することです。
関係する植物
すべての植物は、大きすぎると重い容器で扱うことができれば有利に浮上することができます。彼らは以下のとおりです。spatiphyllumsの、cliviasのscheffléras、yuccas、の越冬植物(柑橘類、ブーゲンビリア、岬をdentelaires、solanums)のイチジク、ゴム、Dracaenas、ヤシの木、フィロデンドロン、...
周期
毎年、2月または3月に浮上してください。
どのように進める?
爪で、ルートボールの上部を傷つけます。可能な限り多くの古い混合物を除去するが、大きな根を傷つけることはない。いくつか小さなものを壊した場合、大きな問題ではありません。鉢植えの土と堆肥または堆肥と有機土壌の修正を混ぜる。軽くて水をかき混ぜる。表面化は再植毛を置き換えますが、後で、肥料の寄付を免除するわけではありません。 1ヶ月後に9月末まで開始してください。
ThérèseTrédoulat

ビデオ関連記事: 20 CLEVER BARBIE HACKS AND CRAFTS.


お勧めの記事
  • サス蚊!
  • 大量の太陽光が大量に光を当てていますか?
  • 私のハイビスカスは屋内で咲き続け、育ち続けています。いつ私はそれらを剪定することができますか?
  • 鳥類:2013年10月5日〜6日のヨーロッパ移住日
  • コリウスの繁殖を成功させるには?
  • 私のクリスマスサボテンが盛んになるためには何ができますか?
  • カンゾウ科/カンジダ科
ほとんどのカテゴリから訪問
コメントを追加します
ほとんどのコメントの記事