菊の2300万ポット...


菊の2300万ポット...

この記事の内容:

2009年に、フランス人は23.5百万菊の菊を合計172.4百万ユーロ購入した。自分で、トゥーサンと秋のこれらの顕花植物の星は、22.4パーセントを占め19.6%が植物の開花の購入のためにフランスで使われるお金のポットを購入しました。ショッピングは基本的に墓地を開花させる。

小さな花の菊、ガーデンセンターGally Farm(78)

10月と11月には、鉢植えの菊が最も購入された開花植物である。 2009年には、彼らは費やされた費用の58.3%を占めた。次に、墓地、シクラメン、杢のための植物が栽培され、栽培されたお金のそれぞれ8%と4.8%が栽培されています。
これらのリアシーズンの植物は、花屋のお店をボリューム(32.5%)のほぼ3分のためのハイパーマーケットやスーパーマーケットやハイパー庭で購入または園芸(16.2%)でされている(15.7 %)、専門園芸センター(14.6%)、市場小売業者(10.9%)である。
聖人のために、2210万jarは1.621億ユーロの総額のために2009年に購入した、年間購入量の94.1パーセントと支出の94%でした。
生産の4分の1はノール県(14.2%)とメイン州・ロワール県(11.3%)からのものです。 Nord-Pas-de-Calaisは、Pays-de-la-Loire、Rhône-Alpes、Brittanyが続く主要な生産地域です。
(出典:FranceAgriMer、2010年10月)

ビデオ関連記事: Taarak Mehta Ka Ooltah Chashmah - तारक मेहता - Navratri Special - Ep 2300 - 27th September, 2017.


お勧めの記事
  • ヤナギの灌漑の成功:必要性と頻度
  • フクシアの茎の形成:ガーデニングのヒント
  • どの植物がマウンテンテラスに適していますか?
  • Althéaの文化とメンテナンスシート
  • どの潅木を植えてヘッジすることができますか?
  • 冬にも庭を飾る10の潅木
  • どのようにバラのブッシュを維持するには?
ほとんどのカテゴリから訪問
コメントを追加します